和食で陥りがちなLカルニチン不足を解消する

ヘルシー食として日本だけでなく欧米でも注目を集めている和食。実は、栄養素の面で見るとけっして万全ではありません。不足しがちなLカルニチンを上手に補って、より質が高いダイエット食へと変えましょう。

魚中心ではLカルニチンが大幅に不足

和食がヘルシーだと言われる理由は、主に「栄養のバランスが良い」「身体を冷やさず水分が摂れる」「低カロリーなのに高タンパク質」「料理のバリエーションが豊富」という4つが挙げられます。
このような食事を実現させているのは、野菜や魚などを中心に食べていることが要因です。しかし、逆に脂肪を燃焼させる効果を持ち、肉類に多く含まれているLカルニチンが少なくなってしまうことになります。実際に洋食とくらべると、この栄養素の摂取量が40倍近く変わってしまうと言われています。

肉類を取り入れてダイエット効果アップ

和食をダイエット目的で食べるなら、ぜひとも肉類を取り入れるようにしましょう。おすすめは牛肉や羊肉で、週に2〜3回、自分の手のひらサイズを食べると良いとされています。だいたい1日置きに夕食で出すとぴったりのはずです。
味付けは醤油ベースで問題ありません。マヨネーズなどとくらべてカロリーが少なくヘルシーです。ただし、塩分の摂り過ぎで高血圧になってしまうことには注意しましょう。

食事だけですべて補うことは難しいからこそのダイエットサプリ

実際に、上記のような食事法を実践することは難しいものです。牛肉や羊肉を食べようとすると野菜や魚を食べる量が減り、本来のヘルシーさが失われてしまうリスクがあります。また、調理法を間違えると脂質が多くなって余計に太ってしまうこともあるでしょう。
簡単に効率良くLカルニチンを補うにはダイエットサプリを使うことがおすすめです。これなら毎日何錠か飲むだけですので、難しいことを気にする必要がありません。
ダイエット食として注目を集めている和食は、実はLカルニチン不足です。食事で痩せるなら、低脂質な肉類を取り入れるようにしましょう。それ以外にも、ダイエットサプリを飲めば一層簡単に栄養不足が解消できるはずです。

貴様におすすめの関連記事はこちらになります。